失敗しない!土地探しのコツとポイント-2


・ポイントの整理

前回の記事で土地探しのポイントとして挙げた、 1.所在地 2.金額 3.広さ 4.駅からの距離 5.周辺施設の充実(学校やスーパーなど) 6.道路の幅員や方位 7.地盤の良さなど これら7点を項目ごとの特性を考慮して整理すると、次のようにまとめられます。 A.お金に関わること:金額 B.環境に関わること:地域、広さ、交通の利便性、周辺施設の充実、道路の幅員や方位 C.家づくりに関わること:金額、広さ、道路の幅員や方位、地盤の良さ

・情報の集めかた グループAは、土地自体の金額はウェブ上で収集できますし、借入可能額や返済プランの比較なども金融機関のウェブサイトでシュミレーションが出来ますよね。 グループBは、地図やネットの情報、あるいは現地を確認したり不動産屋さんで頂ける資料で確認することが可能です。 グループCはどうでしょう? 土地の金額や広さなど、いずれもすでにグループA,Bに含まれている内容ですので、単なる情報としては容易に手に入ります。でも、家を建てるための土地を探している場合は、家の設計料や建設費等にどのくらい掛かるかを把握しておかなけば、土地にいくら掛けられるかわかりません。土地を探されている段階で、広さや方角など情報としてはわかっていても、それが家づくりにどんな制約になるか、あるいは理想の家がいくらくらいで手に入るのかイメージできる方は少ないのではないでしょうか? そのイメージを持たないまま土地探しを始めるとどうなるか? 次回は、その危うさについてまとめてみます。

※私たちも土地探しの段階から家作りをお手伝いしています。電話やメールにてお気軽にご相談ください。

#不動産 #新築 #土地 #設計事務所の仕事

Copyright © 2020 Jun Shimomura Architects 

All rights reserved.