Copyright © 2018 Jun Shimomura Architects 

All rights reserved.

AFQC:家具工場・オフィス

Show More

用途 

企業規模

竣工  

所在地 

統括設計

施工  

シンプルなビジネスの容れ物

 

郊外のスケール感

さいたま市南部に位置するオフィス兼工場です。首都圏物流の大動脈である東京外環自動車道に近く、近隣には工場、大規模小売店舗、カーディーラーなど比較的大きな構築物が建ち並ぶ地域にあるため、短辺の壁22.5mをガルバリウム鋼板、長辺28mをカーテンウォールとした奥行きの浅いシンプルなトンネル状の建物とすることにより、郊外のスケールになじませるものとしました。

 

シンプルな容れ物として

クライアントは内装設計施工を手掛ける企業であるため、内部は防火等の法的に必要な機能を満足し、シンプルにしてローコストな躯体+α程度の最低限な仕様に留め、また構造的にも鉄骨造による大スパンの大らかな場とすることで、引渡後に予定された内装工事の自由度を最大限に確保した白いキャンバスのような空間としています。

工場、オフィス(自社ビル)

従業員数:100~200人

2013年

埼玉県さいたま市

TIS&PARTNERS

山崎工務店