Copyright © 2018 Jun Shimomura Architects 

All rights reserved.

日本橋のオフィス

オフィス(賃貸事務所)

2017年11月

東京都中央区

賃貸事務所のリノベーション計画です。
対象は、築年数が25年を超えたオフィスビル。最寄り駅から徒歩10分程度ということもあり、通常の原状回復工事をするだけでは次第に近隣の同規模のビルとの競争力がなくなってきたため、原状回復+αのアイディアを加え、物件をバリューアップすることが求められました。

都心の大規模再開発により計画されるオフィスビルや一部の先端的な企業を除いては、従来は「オフィスは利益を生まない」とみなされ、最低限のコストで建設されるケースが多くありました。しかしながら、近年の人手不足や働き方改革など、労働環境の改善が直接的にそれらの課題を解決されるものとして、期待が掛かるように世の中が変化してきています。

 

私たちは、オフィス空間を人生で最も長い時間を過ごす重要な場所と捉え、その場を魅力あるものにするために、「Rustic elegance & Living office」をキャッチフレーズにリノベーションする提案を行いました。


天井や壁の一部の構造体をあらわにしたRustic(素朴)な空間に、スチールサッシによるパーティションやカーテンによるelegance(優雅)さを加え、また、無垢のフローリングやレンガなどの自然素材を使用し、観葉植物も内装計画に取り入れることで、快適なリビングルームのようにリラックスできるオフィスへと生まれ変わります。

用途

設計

所在地